« 2012年9月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月の8件の記事

Bitter & Zart (ビター&ツァールト)で休憩。アイスコーヒーを頼む Braubachstr. Frankfurt

大聖堂、ローマ遺跡 Kaiserdom St. Bartholomäus, Archeological Gardens in Frankfurt am Main」のつづき。 地図は 「こちら」 をクリック。
Braubachstr. 通り ( Map )に出て、大聖堂の広場前にある Bitter & Zart (ビター&ツァールト)で一休み。 http://www.bitterundzart.de/blog/

ここは、チョコレートやお菓子のショップpresentに喫茶店cafeが併設。 壁には素敵な絵が描かれていて、とても落ち着ける場所でしたheart04

アイスコーヒーはメニューになくて、冷たくしたコーヒーをお願いしたら、Eiskaffee (アイス・カフェー)といって、アイスクリームを浮かべたコーヒー・フロートでいいですか?と言われてしまい・・・。
でも、それでは私たちが思い描いてるのとは全然別物なので、日本版アイスコーヒーをリクエストcute
ちゃんと濃い珈琲で、甘くなくて、美味しかったですnote
レシートには、イタリア語で 「Espresso Freddo」 (エスプレッソ・フレッド Freddo = Cold) と書いてありました。
01_120726_to_31_207_2

ほかのお客さんが食べていたアイスが美味しそうだったので、Eisbecher (アイス・ベヒャー、 icecream parfait クリームパフェ) 1 Kugel (クーゲル, kugel = ball)を追加オーダーwink
ちょっと食べちゃった後ですみません。待てなかったものでsweat01 とっても美味しかったですnote ピンクのカサがキュートです。 お店の雰囲気は、まさに、このブログにあるとおり http://www.bitterundzart.de/blog/ shine 私は非常に好きですheart04
02_120726_to_31_iphone_20

01_130331_001

同じ Braubachstr. 通りにあった本屋さん。窓辺のディスプレーがいい感じshine
03_120726_to_31_208

大聖堂の前の広場では、高いクレーンでの工事中。
01_120726_to_31_209

つづきます。「フランクフルト土産を買う くるみ割り人形 & パイプ人形 Handwerkskunst am Römer

| | コメント (0)

大聖堂、ローマ遺跡 Kaiserdom St. Bartholomäus, Archeological Gardens in Frankfurt am Main

旧ユダヤ人墓地 Alter Jüdischer Friedhof (Old Jewish Cemetery) in Frankfurt am Main」のつづき。 地図は 「こちら」 をクリック。
大聖堂 (Dom) へ。
01_120726_to_31_181

ランドマークとなる95mの高さの塔
03_120726_to_31_198

こちらは、1239年、St. Bartholomäus (聖バルトロメウス) に奉献され、 1356年から、金印勅書(Goldene Bulle)による選帝侯によって行われる神聖ローマ帝国皇帝の選挙の場となり、1562年から1792年にかけて10人の皇帝の戴冠式が行われた場所。「Kaiserdom」 (カイザー・ドーム、Kaise (カイザー)= emperor 皇帝,Dom (ドーム)= Cathedral 大聖堂)といわれています。
★フランクフルト観光局(日本語)
http://www.frankfurt-tourismus.de/cms/tourismussuite/ja/home.html
http://www.dommuseum-frankfurt.de/dom.htm
★歴史的建造物リスト Liste der Kulturdenkmäler in Frankfurt-Altstadt

04_120726_to_31_200

入口を入るとこんな感じ。
06_120726_to_31_193

第二次世界大戦で破壊されるも、戦後、再建。

大聖堂内の博物館、DOMMUSEUM に入ると、貴重な宝物の数々が展示されていました。
そして、この博物館のチケットで、Dom のすぐ近くにある Haus am dom にある展示も見ることができました。
http://www.hausamdom-frankfurt.de/
07_120726_to_31_196

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

大聖堂の近くにあった Caricatura Museum http://www.caricatura-museum.de/
02_120726_to_31_186

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

そして、大聖堂の前の広場は、1953年に発掘された遺跡公園(Archeological Gardens)。
現在工事中で、見られなかったのが、なんとも残念despair

DomRömer Projekt という都市再開発が進行中だそうです。
http://www.domroemer.de/site/startseite/
http://de.wikipedia.org/wiki/Dom-R%C3%B6mer-Projekt

08_120726_to_31_187

ところで、古代ローマ軍のゲルマニア侵攻は 紀元前12年にはじまりました。 ここにはローマ軍の駐屯基地の遺跡があり、古代ローマの公衆浴場やカロリング朝王家の居城もあるそうです。
★フランクフルト観光局(日本語)
http://www.frankfurt-tourismus.de/cms/tourismussuite/ja/home.html

★歴史的建造物リスト Liste der Kulturdenkmäler in Frankfurt-Altstadt

つづきます。「Bitter & Zart (ビター&ツァールト)で休憩。アイスコーヒーを頼む Braubachstr. Frankfurt

| | コメント (0)

旧ユダヤ人墓地 Alter Jüdischer Friedhof (Old Jewish Cemetery) in Frankfurt am Main

フランクフルト散策 #2 公園から裁判所へ Frankfurter Stadtbefestigung - Eschersheimer Anlage, Gericht in Frankfurt am Main」のつづき。 地図は 「こちら」 をクリック。
途中でドイツ人女性に道を聞いたものの、あちこち歩いて今はどこにいるのやらの私たちcoldsweats01
この路面電車の走っている通り Battonnstraße の右側には、1907年(明治40年)建築の アールヌーボー様式の商業ビル(Geschäftshaus im Jugendstil nach Entwurf von Franz Carl Becker)。 もっとちゃんと見ればよかったやもcoldsweats01
18_120726_to_31_170

★歴史的建造物とモニュメントのリスト
Liste der Kulturdenkmäler in Frankfurt-Innenstadt
・・・市壁があった時代の貴重な絵地図なども掲載されていて、非常に参考になりました。

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

この道の先には、ナチスの犠牲となったフランクフルト・ユダヤ人1万1135人(名前が判明している人達のみ)の名前と殺害場所 (AUSCHWITZ (アウシュヴィッツ)など。UNBEKNNT = Unknown 不明もあり) を刻んだ鉛の刻印が、壁に横5列、ずらりとはめ込まれています。

「旧ユダヤ人墓地」 Alter Jüdischer Friedhof (Old Jewish Cemetery) の壁の Memory stones for murdered Jews
19_120726_to_31_171

20_120726_to_31_172

この刻印の意味を調べる過程で、「アンネの日記」(ANNE FRANK: The Diary of a Young Girl)を再読(文春文庫 、皆藤幸蔵訳)。
01_130322_001

アンネ・フランクとその家族はフランクフルトに住み、アンネの父オットーはかなりの実業家として知られていたが、1933年、ヒトラーのユダヤ人弾圧を逃れるためにオランダのアムステルダムに移住。1942年6月から2年以上の隠れ家生活を経て、ユダヤ人の強制収容所へ。1945年2月に死去、享年15歳。

隠れ家発覚後から収容所、その死までのあまりに酷い、悲惨な事柄も、訳者(皆藤幸蔵)編として記されています。

「もし自分の身に起こったら」と想像するだに、なんて恐ろしい・・・。 この状況の中で、日記で率直に自らの考えを語り、夢を見ていたアンネ。 こんな普通の人たちが、ホロコーストにより、何百万人も虐殺されたとは。

★2007年8月14日に、アムステルダムの「アンネ・フランクの家」に行き、アンネの日記の現物を見たときのことを書いたエントリー記事 http://kino-ko.tea-nifty.com/tea_time/2007/10/post_81e3.html

この先に、Museum Judengasse ユーデンガッセ・ミュージアム(ユダヤ通り博物館, Jews' Alley museum)があります。
「フランクフルト・ユーデンガッセ」(Frankfurter Judengasse)は、フランクフルトにあったゲットー(ユダヤ人隔離居住区)のこと。wiki
ユダヤ人というだけで、恐ろしく差別されてきた歴史に戦慄。 ひどすぎるとしか言いようがありません。wiki
21_120726_to_31_173

旧ユダヤ人墓地 Alter Jüdischer Friedhof (Old Jewish Cemetery)
22_120726_to_31_175

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

ユーデンガッセ・ミュージアムの裏手を通り、ぐるっとまわって、大聖堂 (Dom) の塔、発見
23_120726_to_31_177

結構歩いて、疲れたワンdog この日はかなりの暑さsunでした。
24_120726_to_31_182

つづきます。「大聖堂 Kaiserdom St. Bartholomäus in Frankfurt am Main

| | コメント (0)

フランクフルト散策 #2 公園から裁判所へ Frankfurter Stadtbefestigung - Eschersheimer Anlage, Gericht in Frankfurt am Main

フランクフルト2日目 フランクフルト散策 #1 グーテンベルク記念碑、中世の塔 Gutenberg-Denkmal, Frankfurter Stadtbefestigung - Eschenheimer Turm in Frankfurt am Main」のつづき。 地図は 「こちら」 をクリック。

エッシェンハイマー塔 (Eschenheimer Turm, Turm = トゥルム Tower) 付近から、グリーンベルト(緑地帯)の公園を散策。

グリーンベルト(緑地帯)は、かつて、アムステルダムの市壁 (Stadtmauer シュタット・マオアー = City Wall)があった場所。
1600年代には、マイン川(Main)の水を引き入れた堤防が築かれ、防衛設備(Stadtbefestigung)として機能していました。
http://de.wikipedia.org/wiki/Frankfurter_Stadtbefestigung
★歴史的建造物とモニュメントのリスト
Liste der Kulturdenkmäler in Frankfurt-Innenstadt
・・・市壁があった時代の貴重な絵地図なども掲載されていて、非常に参考になりました。
Liste der Kulturdenkmäler in Frankfurt-Altstadt
・・・旧市街中心部

エッシェンハイマー公園 Eschersheimer Anlage (Eschersheimer Park)
Anlage アン・ラーゲ = Park 公園 (施設などの意味もあり)。ここでちょっと休憩smoking
写真右の「Hunde」は、Hund フント = Dog 犬 の複数形。犬は綱をつけてと書いてありますが、鉄の扉の先は、
06_120726_to_31_138

きれいに整備された公園でした。 もしかして、マイン川の水をひいた堤の跡??
01_120726_to_31_140

緑に溢れた気持ちのいい緑地帯を歩く私たち。 写真右は、Philipp Reis - Denkmal フィリップ・ライスの記念碑 (Denkmal デンクマール)。
日本ではあまり知られていませんが、ライスは、電話機を発明したベルよりも前に、電話の基礎を発明していたドイツ人。 発明当時はあまり注目されず、残念ながら特許には至らずでした。詳しくは、http://www.ntt-east.co.jp/business/magazine/network_history/02/

銅像の詳細は、http://kunst-im-oeffentlichen-raum-frankfurt.de/で Stadtteileをクリック。 ここでは市内 Innenstadt をクリックすると表示されます。
08_120726_to_31_143

この美しい木々に囲まれた緑地帯の先を行くと、
09_120726_to_31_144

左手に、こんな素敵な建物がありましたhouse
10_120726_to_31_147

その先には、子供用の遊び場も。 全体の色彩が美しいshine
11_120726_to_31_154

さらに、柵で囲まれた緑地帯へ。秘密の通路みたいで、なんだかワクワクheart01 もっとも、夜は通らないほうが無難かもwink
12_120726_to_31_155

緑の芝生の先には、噴水。 なんて美しいshine
13_120726_to_31_160

緑地帯を離れると、裁判所庁舎の建物が。 壁の彫刻が素敵cute
14_120726_to_31_161

Gerichtsstraße にある 「裁判所」 (Gericht ゲリヒト = court (a law court)。 他に 「料理」 dish の意味もあり /= Speise シュパイゼ) の建物の前を通って、
16_120726_to_31_164

いろんな店が立ち並んでいる Zeil ツァイル に出ました。
17_120726_to_31_167

当初予定していた道を逸れ、迷走ぎみの私たちでしたが、おかげで素敵な緑地帯を散策できました。

つづきます。「旧ユダヤ人墓地 Alter Jüdischer Friedhof (Old Jewish Cemetery) in Frankfurt am Main

| | コメント (0)

フランクフルト2日目 フランクフルト散策 #1 グーテンベルク記念碑、中世の塔 Gutenberg-Denkmal, Frankfurter Stadtbefestigung - Eschenheimer Turm in Frankfurt am Main

フランクフルトの地図 - ゲーテ広場、夕食、アルテ・オペラ Map of Frankfurt - Goetheplatz, Dinner and Alte Oper」のつづき。

ドイツ旅行二日目(2012/7/27(金))、私たちは、ホテルから、15世紀のはじめに建てられた Eschenheimer Turm (Turm (トゥルム) = Tower 塔)まで行き、かつては市壁のあった緑地帯を散策しました。
0001_frankfurt_map_2012_08

ところで、ヨーロッパにおける重要な都市は、中世以来 「市壁」(City Wall)に取り囲まれ、敵の攻撃に対する防衛壁として機能し、「市民」として市内に住むには一定の資格が必要でした。

フランクフルトにも、中世には 「市壁」 (Frankfurter Stadtbefestigung, Stadtmauer, City Walls) が築かれ、人口の増加とともに次第に拡張。 1600年代には、マイン川(Main)の水を引き入れた堤防を築かれ、現在は、グリーンベルト (Greenbelt 緑地帯)になっています。 ぐるっと歩くことによって、当時の市の大きさを実感することができました。

★フランクフルト観光局(日本語)
http://www.frankfurt-tourismus.de/cms/tourismussuite/ja/home.html
Frankfurt City Map
★歴史的建造物とモニュメントのリスト
Liste der Kulturdenkmäler in Frankfurt-Innenstadt
・・・市壁があった時代の貴重な絵地図なども掲載されていて、非常に参考になりました。
Liste der Kulturdenkmäler in Frankfurt-Altstadt
・・・旧市街中心部
★Frankfurt am Main - The Golden Book / Das Goldene Buch http://www.altfrankfurt.com/Default.htm
・・・第二次大戦で破壊される前の写真や絵も満載の素晴らしいサイト。 特に http://www.altfrankfurt.com/Spezial/Krieg/ このページが参考になりました。

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

「グーテンベルク記念碑」
Gutenberg-Denkmal, Roßmarkt in Frankfurt am Main 
※「Denkmal」 = ンク・マール 記念碑・記念像 monument の意味。
01_120726_to_31_121

グーテンベルクは、ヨーロッパで初めて活字による印刷を行い、1455年に初めて 「グーテンベルク聖書」(「四十二行聖書(42-line Bible)」ラテン語)を印刷したことで有名です。

★慶應義塾図書館|グーテンベルク42行聖書 マインツ 1455年頃 紙
http://www.mita.lib.keio.ac.jp/collection/rare000.html
※慶應義塾図書館には、紙に印刷されたグーテンベルク42行聖書 上巻1冊が所蔵されています。アジアでは唯一、グーテンベルク聖書が所蔵されている図書館なのです!

慶應本「グーテンベルク聖書」が、現在デジタル本として公開されています。 カラーの挿絵も非常に美しい。
★The Keio Gutenberg Bible グーテンベルク聖書 - 慶應義塾大学HUMIプロジェクト
http://www.mita.lib.keio.ac.jp/collection/index.html
http://www.mita.lib.keio.ac.jp/en/collection/

それまで聖書は、聖職者の独占物。 民衆は聖職者の言うことに黙って従うしかなく、逆らえば、異端として火あぶりにされかねない。 その当時の聖職者の堕落に対し、命の危険にさらされながらも抗議したのが、ドイツ人のマルティン・ルター Martin Luther (1483-1546) wiki

彼は聖書をドイツ語に訳し、印刷することによってこれを広め、それまでは、聖職者の言葉に黙って従うしかなかった状況に一石を投じました。
宗教改革の拡大には、グーテンベルクの印刷術が大きな役割を担ったのでした。wiki

そのほか、活版印刷の技術は、さまざまな言論を広める役割を果たし、当時のカトリック教会から禁書として弾圧されることがあっても、言論の自由に寄与。

それゆえ、活版印刷の技術は、羅針盤、火薬とともに「ルネサンス三大発明」の一つとされています。

グーテンベルクといえば、彼の生誕地であるマインツのグーテンベルク博物館が有名で、今回もできれば行ってみたかったのですが、日数の都合で行かれませんでした。いつかは行ってみたい場所の一つです。
http://www.gutenberg-museum.de/fileadmin/textdokumente/informations_japan.pdf

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

グーテンベルク祈念碑のある Roßmarkt の近くにある スーパー Rossmann でミネラルウォーターやコーラを購入。
02_120726_to_31_123

デパート Galelia Kaufhof www.galeria-kaufhof.de の前の広場では、ちょうどイタリア週間のフェスティバル Italienische Woche 2012 が開催中。
03_120726_to_31_127

Thurn und Taxis Palais (built from 1731 to 1739) ここで、ちょっと一休み。
04_120726_to_31_132

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

Eschenheimer Turm
Turm (トゥルム) = Tower 塔
05_120726_to_31_136

この塔は、15世紀の始め、中世後期の市壁に設けられた門の一部として建築されたもの。フランクフルト市内 Frankfurt-Innenstadt (city center) における、最も古く、昔から変わらない建築物として有名です。wiki

つづいて、市壁のあった緑地帯を歩きます。「フランクフルト散策 #2 公園から裁判所へ Frankfurter Stadtbefestigung - Eschersheimer Anlage, Gericht in Frankfurt am Main

| | コメント (0)

フランクフルトの地図 - ゲーテ広場、夕食、アルテ・オペラ Map of Frankfurt - Goetheplatz, Dinner and Alte Oper

フランクフルトのホテル Steigenberger Frankfurter Hof (シュタイゲンベルガー・フランクフルター・ホーフ) (Frankfurt)」のつづき。
ホテル Steigenberger Frankfurter Hof  (シュタイゲンベルガー・フランクフルター・ホーフ) http://www.steigenberger.com/en/Frankfurt/ のコンシェルジュの方に教えてもらった場所へ。

Map of Frankfurt フランクフルトの地図 Frankfurt City Map

01_130319_frankfurt_map

いただいた地図に、私たちが行って良かった場所を加筆しました。 地図の水色の道路は、車両通行禁止区域です。

ホテル正面の通りから、Kaiser Str.を通り、ゲーテ広場(Goetheplatz)へ。 PM8:20、ようやく夕日が傾きはじめました。ヨーロッパの夏は日暮れが遅いので、めいっぱい時間を楽しめるのがいいですね。 教えてもらった、この広場にある、カジュアルなレストランも良さそうでした。
02_120726_to_31_068

Statue of Goethe ゲーテ像
03_120726_to_31_071

ゲーテは、このフランクフルト・アム・マインの裕福な家庭に生まれ、少年時代を過ごしたのでした。詳しくは、Wikiをどうぞ。

ゲーテ広場の北側では、地面から噴水が出るようになっていました。
04_120726_to_31_075

ゲーテ広場の北西から延びる、グローセ・ボッケンハイマー通り(Gr. Bockenheimer Str.) へ。車両通行禁止になっていて、両側には商店やレストランが立ち並んでいます。
05_120726_to_31_079

この道の右側の路地には、何軒ものレストランがあり、そちらもオススメされました。 次回は、路地のレストランにしようと思いますwink

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

さて、雰囲気のいい通りだったので、この通り沿いのレストランのテラスへ。
さっそくビールで乾杯beerbeer
06_120726_to_31_084

1杯目は甘いホワイトビールを頼んでしまって、失敗 despair 私、甘口は苦手なんです。。

フランクフルト=フランクフルト・ソーセージなんだろうとオーダーしたけど、いたって普通の味でした(笑)。
それより、アップルワインで有名な、ワーグナー http://www.apfelwein-wagner.com/ で食べた「豚モモ骨付き肉」の美味しさ、あれは忘れられませんheart04
そのほかも、普通に美味しかったけど、あの通りの雰囲気を満喫できて良かったですdelicious
07_120726_to_31_083

ドイツは、付加価値税19% 。 ううっ、高いっmoneybagwobbly
08_120726_to_31_089

もっとも、この時は ユーロに対して円高で、日本の銀行で換金した際のレートは、1 euro = 98.98 円でしたが・・・。今や、1 euro = 123.7円(為替レート)。海外旅行に関しては、あのときは良かったなぁ・・・gawk

PM10:00に店を出てると、さすがに暗くなっていましたが、グローセ・ボッケンハイマー通り(Gr. Bockenheimer Str.)の先には、
コンサートホール 「Alte Oper (アルテ・オペラ)」。 Alte = Old, Oper = ドイツ語では「オーパー」, オペラ(歌劇)、または、Opera Houseオペラハウス(歌劇場)。
10_120726_to_31_096

ホールの前の噴水も、美しくライトアップされていて、人々が集っていました。
09_120726_to_31_091

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

ところで、この美しいホールは、第二次大戦で破壊された後、再建されたもの。

フランクフルトは新しいものばかりで、、といわれますが、東京下町、たとえば浅草だって、東京大空襲で浅草寺はじめ、ほとんどの建物は消失。 ほとんど新しいものばかりです。

でも、長年そこに住んでいる人々の思いが歴史的建造物を再建させ、この町を美しく再生したということに対して、私は敬意を払いますし、とても素敵な町だと思うのです。

つづきます。「フランクフルト2日目 フランクフルト散策 #1 グーテンベルク記念碑、中世の塔 Gutenberg-Denkmal, Frankfurter Stadtbefestigung - Eschenheimer Turm in Frankfurt am Main

| | コメント (0)

フランクフルトのホテル Steigenberger Frankfurter Hof (シュタイゲンベルガー・フランクフルター・ホーフ) (Frankfurt)

ドイツ・ドライブ旅行 1日目 レンタカーを借りる Driving from Frankfurt Airport (追記: 「ヨーロッパのカーナビ TOMTOM の使い方」)」のつづきです。

フランクフルトでの宿泊ホテルは、Steigenberger Frankfurter Hof  (シュタイゲンベルガー・フランクフルター・ホーフ) http://de.steigenberger.com/Frankfurt/Steigenberger-Frankfurter-Hof
Booking com で予約しました。

20_120726_to_31_063

地下鉄の駅が目の前にある好立地、レーマー広場(Römerberg)にも徒歩圏内。ホテルの人たちもとても感じが良かったし、ゴージャスで素敵なホテル。朝食も非常に美味しくて、ここにして良かったですheart04

Junior Suite 
21_120726_to_31_042

まずは、ビールbeerで乾杯note
ウェルカム・フルーツは、食べやすくカットしてあり、綺麗な盛り付けも◎cute
22_120726_to_31_049

右は寛ぐ夫。左は、ベッド側からバスルーム側を見たところ。写真を見ると、いろいろ思い出して懐かしい。
23_120726_to_31_048

写真を見ないと、いろいろ泊まったホテルの部屋ってなかなか思い出せませんcoldsweats01 シャワールームとバスルームは別々にあり。フランクフルトは、まれにみる暑さだったらしく、途中で帰ってシャワーを浴びて、休憩してからまた外出することもあったので、二人で泊まるにはなおさら便利でしたup
25_120726_to_31_055

夜、食事から戻ると、ホテルがライトアップされていましたshine
26_120726_to_31_iphone_18

ホテルに着いて乾杯した後、ホテルのコンシェルジュのおじさまに、フランクフルトが初めての私たちにオススメの食事の場所&散策コースを地図で教えてもらって、夜8時過ぎでも明るいフランクフルトの街中にGo!

つづきます。「フランクフルトの地図 - ゲーテ広場、夕食、アルテ・オペラ Map of Frankfurt - Goetheplatz, Dinner and Alte Oper

| | コメント (0)

ドイツ・ドライブ旅行 1日目 レンタカーを借りる Driving from Frankfurt Airport (追記: 「ヨーロッパのカーナビ TOMTOM の使い方」)

2012/7/26(木)から8/1(水)までの、夫とドイツ・ドライブ旅行のことを書いていきます。

走行ルートは、前回書いたエントリー記事 「ドイツ・ドライブ旅行 Journey to Germany - Driving from Frankfurt」をどうぞ。

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

2012/7/26(木) 成田(Narita 12:15) から フランクフルト (Frankfurt 17:20) まで 12時間airplane
たまっていたJALマイレージを使って、往復ビジネスクラス。シェルフラットシートで寝るsleepyことができたので、あっという間に到着した感があり、快適でしたnote

フランクフルト空港 (Flughafen Frankfurt)のターミナル2に到着後、事前に予約していたAVIS http://www.avis-japan.com/ レンタカーのカウンターへ(17:40)。出口のすぐ右側にカウンターがありました。
01_120726_to_31_001

AVIS のサイトから約2ヶ月前に予約したのは、メルセデスベンツCクラス相当、ナビ付き。オートマチック車car
でも、現地カウンターの人曰く、あいにくオートマチックのベンツは用意できないとのことbearing いきなりテンション下がりましたよ(泣)。
01_130318_036

写真右。出入口付近の書店の先にあるエレベーターから、地下駐車場へ。場所は受付の人に丁寧に教えてもらって、自分たちだけで行ったけれども、すぐにわかりました (タバコを吸いに外に出たり、トイレに行ったりしていたので、18:10頃到着)
02_120726_to_31_002

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

結局、実際にレンタルした車は、ルノー・グラン・セニック RENAULT Grand Scenic

ルノーって、ドイツじゃなく、元々フランスだし。思い描いてたベンツCクラスとは全然違うような気が・・・。

クレームをつけようかと思ったけれども、駐車場にはベンツは一台もなく、あるのはルノーばかりなり。

で、やむなくルノーで妥協。 Diesel で、走りは良かったし、スーツケース2つ荷物も余裕で入ったのだけれど。
次回レンタルするときは、Sixt http://www.sixt.com/ あたり、現地で車種を確かめてから借りてもいいのかな、とも思ったり・・・。 でも、事前にとにかく乗れる車が存在するというのも捨てがたい。。
★フランクフルト空港のレンタカー http://www.frankfurt-airport.com/content/frankfurt_airport/en/directions/rental_cars.html
03_120726_to_31_006

駐車場には、受け付けの若い男性が一人だけ。ざっとナビの操作方法などを教わり、言語を英語にしてもらったりして、いざ出発!(18:30頃)
とてもお忙しそうだったのに、親切にいろいろやっていただいて助かりましたhappy01up AVISさん、Danke schön ! cute

それにしても、車を発進する、スタートボタンがあるのは、ちょっと戸惑ってしまうかも。オランダで車を借りたときにも、スタートボタンがありましたsweat01 
04_120726_to_31_009

車内蔵のナビ。真ん中のロータリーボタンを上下左右にクイクイ押して、プッシュして決定するタイプ。
上の左右にある“ L” と“ 」”のボタンを使いこなして、Done(完了)の表示などができることが、ドライブの途中でやっと判明・・・。 真ん中のロータリーボタンだけで、なんとか使いこなせてましたが。。
05_120726_to_31_326

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

追記(2013/6/8):このルノー・グラン・セニックには、TOMTOM のナビ搭載。 英語版のTOMTOM、DRIVER'S HAND BOOKのPDFを見つけたので、「とりあえず、これだけ判ればなんとかなる!・・・かも?」なことを今後のためにも備忘録メモ 。

★「ヨーロッパのカーナビ TOMTOM の使い方」
http://www.e-guide.renault.com/947_3_ENG_NFA/index.html >How to >Download Handbook (英語)
※要アップデート・チェックをお願いします!

★「地図のスクリーンの説明」は、P.4、GENERAL DESCRIPTION (1/3) 等を参照。
★「ボタンの説明」は、P.6、INTRODUCTION TO THE CONTROLS (1/2) と、P.14、Operating principles (1/2) を参照。

★「言語の設定」 は、P.18、SYSTEM SETTING (2/6) を参照。
“MENU/SET”ボタン>“Change preferences”>“Change Language”で英語を選ぶ。

★「キロ表示の設定」は、P.43、SYSTEM SETTING (3/6) を参照。
“MENU/SET”ボタン>“Change preferences”>“Set Units”>“units of distance”>“miles”か“kilometers”を選び、“ 」”ボタンで“Done”を選択。

★「行き先の入力方法」 は、P.18、ENTERING A DESTINATION (1/4)を参照。
“MENU/SET”ボタン>"Navigate to . . .”>“Address”
1) full address を入力 (City and street);
2) “Zip Code”から探す;
3) “City center” から選ぶ;
4)“Crossing or intersection” (交差点)から、交わる二つの道を選ぶ;
等々の方法あり。

★“ L” と“ 」”ボタン(Soft buttons)は、ナビ画面の下にある、“Done” (完了)などを選択するときに押す。

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

宿泊予定のホテルの公式サイト http://www.steigenberger.com/Frankfurt/ で、Input GPS: Bethmannstrasse 33 をメモしておいたのでスムーズでしたwink

そして、このナビ。 なぜだか キロ表示ではなく、あと何マイルとしか表示されず、頭の中で、km換算(1マイル=約1.6キロ)しながら、私もナビ sweat01
ナビ自体は、英語でキビキビとアナウンスしてくれますが、、coldsweats01

(※追記:後記カーナビ TOMTOM の使い方にあるように、“MENU/SET”ボタン>“Change preferences”>“Set Units”>“units of distance”>“miles”、“kilometers”の中から、“kilometers”を選び、“ 」”ボタンで“Done”を選択すべきだった。あれこれ“MENU”から探したんだけど、とうとう最後まで見つけられず・・・sad
06_120726_to_31_010

ところで、フランクフルトは、Googleマップのストリートビューで、何度もシュミレーションを繰り返しました。 ナビもあったけれども、まったく初めての道なのに、そんなに戸惑わずにすみました。 https://maps.google.co.jp/

※Michelin Driving Directions  http://www.viamichelin.com/web/Routes でルート検索も可能

でも、一番頼りになったのは、道路標示。
ナビに頼り切りだと、間違う恐れありです。 私たちは返却する際、空港に至る道を間違えてしまい、えらい目に合いました。。(しかも、他に同様の車が数台。 ドイツ人さえ道を間違えていた・・・。)

43 号線 Frankfurt 方向へ。
07_120726_to_31_011

Frankfurt-Stadtmitte フランクフルトの町の中心めざしてGo!
stadt (シュタット) = town 町、 mitte (ミッテ) = middle 中心

08_120726_to_31_014

ナビによると、下の画面では、現在時間が 6:42pm。1分走ったところで、残りあと 8分50秒、2.8マイル(約 4.5km)。到着予測時刻は 6:51pm。 0.4 マイル先を右折。
※追記: 画面右下の時間と距離は、目的地への、残りの距離と時間、そして、到着時間の概算。

最初は、なるべくハードルを低く!が鉄則の私たち。
09_120726_to_31_018

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

空港から離れて、フランクフルト郊外の町に入ると、急に緑が増えてきました。自転車の人たちも。
10_120726_to_31_020

路面電車が走っています。
11_120726_to_31_023

この素敵な建物のある交差点を左折し、シュバイツァー通り Schweizer Str. に入ると、いよいよマイン川(Main)にかかるウンターマイン橋(Untermain-brücke)へ。
12_120726_to_31_025

ウンターマイン橋(Untermain-brücke)
13_120726_to_31_027

高層ビルが立ち並んでいるフランクフルトの中心街。 そして、マイン川。
14_120726_to_31_028

中心街でも、路面電車が走っています。 やっぱりグーグルのストリートビューで見るのと、実際行って見るのとは違うなぁと実感。
15_120726_to_31_030

そして、ホテル、STEIGENBERGER FRANKFURTER HOF http://www.steigenberger.com/en/Frankfurt/ (シュタイゲンベルガー・フランクフルター・ホーフ) に到着!happy01(18:55)
16_120726_to_31_034

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

ホテルには駐車場が併設されているとありましたが、実際は、お隣のビルにある 「Parkhaus Kaiserplatz」(Parkhaus = Parking garage) でした。
17_120726_to_31_035

パーキング入り口と、ホテル入口。 ホテル入口で荷物を下ろしてから、パーキング入り口に入るべきだったと後から思ったりする。 いやもう、到着しただけで精一杯。考える余裕なしでしたcoldsweats01
18_120726_to_31_038

見上げると、こんなに高いビルが!
右は、パーキングのマーク。 空きありだと、緑で「frai」(フライ free) の表示。
19_120726_to_31_039

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

ところで、ドイツ語は、NHKのテレビでドイツ語の4、5、6月号分を録画、ラジオのまいにちドイツ語の4月分をCDを買って、ほぼ2ヶ月間はドイツ語漬けの毎日でした。

ほかに、「一方通行路」=Einbahnstraße (アインバーン・シュトラーセ)
01_120726_to_31_231

とか、「駐車禁止」=Parken Vorboten (パルケン・フェアボーデン)みたいなことをチェック。
http://abroad.driver.jp/point/germany.php http://www.rent-her-s.com/drive/Germany.html などを見ておきました。

そんなわけで、ドイツ語はほんの基本しかできませんでしたが、観光のドライブにはそれで十分でした。
ドイツ語は、場所を聞いたりするのに、やっておいて本当に良かったです☆

何かあったときのために、カシオの電子辞書 EX-Word のドイツ語も、お守りで持って行きましたが、旅先では使わずにすみました。

★記事の続きは、「フランクフルトのホテル Steigenberger Frankfurter Hof (シュタイゲンベルガー・フランクフルター・ホーフ) (Frankfurt)

★ドイツ・ドライブ旅行に関する続きは、「ドイツ・ドライブ旅行 3日目 フランクフルトからケルンまで ルートマップ Frankfurt to Köln (Cologne)」 をどうぞ。

★ドイツドライブ旅行についての、まとめ記事は、「ドイツ・ドライブ旅行 フランクフル空港でレンタカー返却 - ハイデルベルク から フランクフル空港までのドライブルート まとめ記事(完) (追記:ドイツドライブ、記事一覧)」。
フランクフルト空港に返却する際の、ナビ設定の極意!を書きましたcar
※「ドイツドライブ記事一覧」も追記。

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2013年4月 »