« コッヘム ライヒスブルク城 05 レーヴェン門 Löwentor, Reichsburg in Cochem | トップページ | モーゼル川沿いをドライブ コッヘムからコブレンツへ 01 »

コッヘムの旧市街を歩く ワインを日本に送る

コッヘム ライヒスブルク城 05 レーヴェン門 Löwentor, Reichsburg in Cochem」のつづき。
コッヘムの旧市街 Altstadt von Cochem(Mosel) を観光。 コッヘムの旧市街の地図は「こちら」と「こちら」。

コッヘム旧市街の中心地、マルクト広場(Marktplatz)。
Markt は、「市」、あるいは「市の開かれる広場」の意味で、コッヘムに都市特権が認められた1332年、市場を有することが認められました。

マルクト広場には、ハーフ・ティンバー様式の木組みの家(half-timbered houses) が建っていますが、中央のピンク色の建物は 「コッヘム市庁舎」(Rathaus, Town hall)。 バロック様式 (baroque style) で、1739年に建築されました。
01_120726_to_31_991

マルクト広場にある 「聖マルティンの噴水」(“Martinsbrunnen”, Martin's Fountain) 1767年に作られ、後に再建。
02_120726_to_31_995

市庁舎の隣に見える塔は、聖マルティン教会の塔。
「聖マルティン教会」 Martinskirche
03_120726_to_31_1004

聖マルティン教会の塔の下の門 Tor des Kirchtums von St. Martin 。そこを抜けると、ベルン通り Bernstraße へ。 美しい装飾看板がいくつもかかっていました。
夜、散歩したときの写真は「こちら」。
04_120726_to_31_998

エンデルト門 Enderttor (1332年建築)。 この旧市街の市壁の門(Altes Stadttor)に隣接するのが、ホテル Alte Thorschenke。 ハーフチェンバー様式(half timbering)の建物で、ドイツ最古のワインハウスの一つ。
05_120726_to_31_1008

チェックアウト10分前にホテルに戻って、チェックアウト。 時間がなかったので、ホテルのすぐ隣でワインを購入。日本に送ってもらいました。
06_120726_to_31_1000

7/29にお願いして、8/8、我が家に到着。 かなり酸味あり。 前日、ホテルのレストランで飲んだのとは、かなり印象が違いました。 ワインは、試飲必須です coldsweats01
07_120808_4

前日の雨が嘘のような青空。 右がパーキングビル。 割と広めなので、モーゼルプロムナード沿いのパーキングがあいてなければ、こちらが空いている確率が高いと思います。でも、日曜のこの日は、かなり埋まっていました。
09_120726_to_31_1010

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

車で、モーゼル川沿い、モーゼルプロムナードの道を走ります。
山の上にはライヒスブルク城 Reichsburg。 遠くに、モーゼル川にかかるコッヘム橋 Moselbrücke がみえています。 右側通行なので、ちょっと先から道を引き返しました。
10_120726_to_31_1011

モーゼル川(Mosel)沿いの街路樹と「コッヘム橋」 Moselbrücke
11_120726_to_31_1016

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

それにしても、ドイツ旅行のガイドブックに、コッヘム、丸々1ページ分の説明も地図も無いなんて!!!と、すっかりコッヘムの大ファンの私でした。

さて、これから、コッヘムから、モーゼル川に沿って、モーゼル川とライン川が重なる 「コブレンツ」(Koblenz) へcar

前日、駐車場がみつけられずに時間切れ。 通り過ぎるだけとなったコブレンツへと、リベンジですwink

つづきます。「モーゼル川沿いをドライブ コッヘムからコブレンツへ 01

|

« コッヘム ライヒスブルク城 05 レーヴェン門 Löwentor, Reichsburg in Cochem | トップページ | モーゼル川沿いをドライブ コッヘムからコブレンツへ 01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コッヘム ライヒスブルク城 05 レーヴェン門 Löwentor, Reichsburg in Cochem | トップページ | モーゼル川沿いをドライブ コッヘムからコブレンツへ 01 »