« ハイデルベルク旧市街 03シュランゲン小道と哲学の道 Schlangenweg, Philosophenweg | トップページ | ハイデルベルクを出発、ハイデルベルク大学 旧校舎&大学図書館 ★追記:(2014/12/11) 「マネッセ写本」と ミンネザング »

ハイデルベルク旧市街 04騎士の家、精霊教会 Haus zum Ritte, Heiliggeistkirche ※追記: 「ビブリオテーカ・パラティーナ」のデジタル画像 Bibliotheca Palatina –digital

ハイデルベルク旧市街 03シュランゲン小道と哲学の道 Schlangenweg, Philosophenweg」のつづき。

シュランゲン小道を上り降りして、かなり疲れてしまったので、アルテ橋のたもとにある 「Gasthaus Goldener Hecht」のレストランのテラス席へ。 店先には、黄金の魚の装飾看板。
02_120726_to_31_2319

Goldener=金のshine Hecht(ヘヒト)は、「カワカマス」fishの意味。そのほか、口語で、「もうもうたるタバコの煙」smokingの意味もありcoldsweats01 ここでゆっくり、タバコ休憩。
03_120726_to_31_2320

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

★さて、精霊教会の方に歩いて、突き当たった先が、「ツム・リッター (騎士の家)」("Zum Ritter" St. Georg , House of Knight St. George) 。
1592年にフランスのプロテスタント派の織物商人シャルル・ベリエ(Charles Bélier)によって1592年に建造。
現在ハイデルベルクで残る民館として一番古く、1681年、プファルツ承継戦争により、フランスのルイ14世の軍隊によって、ハイデルベルクの町が徹底的に破壊され、ほとんど壊滅状態になる中、唯一残った民家として有名。たくさんのツアー観光客がここで説明を聞いていた。

現在は、「ホテル ツム リッター ザンクト ゲオルク」 (Hotel Zum Ritter St.Georg )http://www.ritter-heidelberg.de/ というホテル・レストラン。
04_120726_to_31_2334

ルネッサンス様式の建物の破風が特徴。 Ritter = 中世の騎士, Knight の意味で、その屋根のてっぺんには、その建物の名前の由来となった、騎士の胸像がある。ほかには、「Persta Invicta Venus」の文字。
041_120726_to_31_2324

http://ww2.heidelberg.de/Altstadt-Information/english/Sektor15/Sektor15_Ritter.htm

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

★「聖霊教会」(Heiliggeistkirche, Holy Ghost Church)
歴史上の記録に初めて登場したのは1239年。 1398年から 1410年にかけて、プファルツ選帝侯ループレヒト3世(Ruprecht III. 在位:1398-1410年、ループレヒト1世 Ruprecht I の名でドイツ王、神聖ローマ皇帝 (King Ruprecht I of Germany)となる) が、聖堂の内陣をゴシック様式へと改築。

その後は、選帝侯の埋葬場所となるも、1693年、プファルツ承継戦争の際に、ループレヒト3世の納骨所を除いて、全て破壊されてしまいます。

そして、宗教改革の後の、1705年から1936年にかけて、精霊教会は、壁によって、プロテスタントとカトリックとが分かれて使用されていたという。 どっちかに決めると住民の対立を激化させかねないので、苦肉の策の折衷案か。

全体画像は、「ハイデルベルク旧市街 01コルンマルクトからマルクト広場へ Kornmarkt und Marktplatz, Heidelberg
05_120726_to_31_2330

1623年まで、この教会の回廊には、その昔、ヨーロッパにおける最も大きな手書きの蔵書、「ビブリオテーカ・パラティーナ」(Bibliotheca Palatina, プファルツの蔵書 )が保存されていたbook ハイデルベルクは、文化的にもとても重要な場所なのだ。

しかし、新教派(プロテスタント)の選帝侯フリードリヒ5世(Friedrich V., 1596年-1632)が、と旧教派(カトリック)との間で対立。 その 「30年戦争」(1618-1648)で、選帝侯の軍隊に勝利したティリー(Tilly)が1622年にハイデルベルクを攻撃。 ローマ教皇に贈り物として、この「ビブリオテーカ・パラティーナ」が捧げられ、現在でもバチカン所蔵(一部のみ返却され、ハイデルベルク大学所蔵)。
06_120726_to_31_2332

★「ビブリオテーカ・パラティーナ」のうち、「マネッセ写本」(Codex Manesse)については、次の記事、 「ハイデルベルクを出発、ハイデルベルク大学 旧校舎&大学図書館」 ★追記:(2014/12/11) 「マネッセ写本」と ミンネザング」をご覧下さい。

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

★この 「ビブリオテーカ・パラティーナ」(Bibliotheca Palatina, プファルツの蔵書)は、現在、「ハイデルベルク大学図書館」のウェブサイトで、 デジタル・コンテンツとして公開中。 必見の美しい細密画は、是非、PCの大画面でcrown
デジタル・バーチャル ビブリオテーカ・パラティーナ (Bibliotheca Palatina – digital:Virtuelle Rekonstruktion der einst berühmtesten Büchersammlung Deutschlands): http://digi.ub.uni-heidelberg.de/de/bpd/index.html

Screenshot der Website
Bibliotheca Palatina – digital (Stand: Oktober 2012) http://palatina-digital.uni-hd.de
Bildnachweis: Universitätsbibliothek Heidelberg
01_bibliotheca_palatina_digital_b_2

Heidelberger Digitalisierungszentrum in Rom
Heidelberger Mitarbeiterin bei der Digitalisierung am Grazer Buchtisch in Räumlichkeiten der Biblioteca Apostolica Vaticana
Bildnachweis: Universitätsbibliothek Heidelberg
002_bibliotheca_palatina_digital_bi

Falkenbuch, Pal. lat. 1071, Bl. 93r
Vatikan, Biblioteca Apostolica Vaticana, Pal. lat. 1071
Friedrich (1194-1250)
Über die Kunst mit Vögeln zu jagen
Süditalien, 1258-1266 http://digi.ub.uni-heidelberg.de/diglit/bav_pal_lat_1071/0189
Bildnachweis: Biblioteca Apostolica Vaticana
003_bibliotheca_palatina_digital_bi

Rabanus Maurus, Pal. lat. 291, Bl. 2v
Vatikan, Biblioteca Apostolica Vaticana, Pal. lat. 291
Rabanus Maurus
De rerum naturis
1425
Bildnachweis: Biblioteca Apostolica Vaticana
http://digi.ub.uni-heidelberg.de/diglit/bav_pal_lat_291/0010
004_bibliotheca_palatina_digital_bi

※以上の画像は、ハイデルベルク大学図書館、ダウンロード用のページより(公開に際しては、それぞれのクレジットを入力のこと):http://digi.ub.uni-heidelberg.de/de/bpd/presse/bildmaterial.html

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

一番右のステンドグラスは、「物理学の窓」(Physikfenster)とよばれるステンドグラス。
全く新しい「時間と空間」の概念に基づき、原子力開発にも結びついた、アインシュタイン(Albert Einstein)の相対線理論をあらわす「E=mc2乗」と、広島に原爆が投下された 1945年8月6日をあらわす、「6.8 1945」が記されている。 この宗教にとらわれない、まったく新しいタイプのステンドグラスがめずらしい!
http://www.fotocommunity.de/pc/pc/display/3669221
07_120726_to_31_2331

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

教会の塔にも上れるようになっていたが、もう疲れていたし、時間切れなのでパス。 時計の針は、もうすぐ4時を指している。
教会の塔のバロック様式の屋根は、18世紀の初めのもの。
09_120726_to_31_2335

「聖霊教会」(Heiliggeistkirche, Holy Ghost Church) については、
http://ww2.heidelberg.de/Altstadt-Information/english/Sektor11/Sektor11u_Heiliggeistkirche.htm
http://www.heidelberg-marketing.de/content/tourismus/sehenswuerdigkeiten/kirchen_kloester/heiliggeistkirche/index_ger.htmlを参照しました。

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

教会前で、Tシャツを選んで、お店のオジサンにサイズぴったりなものを探してもらい、それを購入moneybag ホントにジャストサイズでしたcute 
もう、本当に早く駐車場に戻らねば!!run
★左は、精霊教会。 マルクト広場と市庁舎が見えています。
09_120726_to_31_2337

4時過ぎに駐車場を出発car ネッカー川沿いに向かって、旧市街の路地を通り抜け、
10_120726_to_31_2344

アルテ橋のバス停busを通り過ぎ、
11_120726_to_31_2345

アルテ橋の下を抜けて走行。 この間の2013年6月初めの洪水では、この道が水没してしまっていました。。
12_120726_to_31_2347

つづきます。「ハイデルベルクを出発、ハイデルベルク大学 旧校舎&大学図書館

|

« ハイデルベルク旧市街 03シュランゲン小道と哲学の道 Schlangenweg, Philosophenweg | トップページ | ハイデルベルクを出発、ハイデルベルク大学 旧校舎&大学図書館 ★追記:(2014/12/11) 「マネッセ写本」と ミンネザング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハイデルベルク旧市街 03シュランゲン小道と哲学の道 Schlangenweg, Philosophenweg | トップページ | ハイデルベルクを出発、ハイデルベルク大学 旧校舎&大学図書館 ★追記:(2014/12/11) 「マネッセ写本」と ミンネザング »