« 「オランダ国立美術館」@アムステルダム・スキポール空港 The Rijksmuseum Amsterdam Schiphol | トップページ | 「ホテル・インペリアル・ウィーン」 に滞在 02 部屋 »

オーストリア ・ ウィーン個人旅行 ウィーンのホテル「ホテル・インペリアル・ウィーン」 01 車でホテルへ

「オランダ国立美術館」@アムステルダム・スキポール空港 The Rijksmuseum Amsterdam Schiphol」のつづき。
今回の旅行全体は、「ウィーン・プラハ個人旅行 02 ウィーン編まとめ Journey to Vienna (Wien)」をどうぞ。

オーストリア、ウィーン個人旅行 (2013/8/10-14) の宿泊ホテルは、「ホテル・インペリアル・ウィーン (Hotel Imperial, Vienna)」 http://www.imperialvienna.com/en 公式サイト (日本語)
4泊 Elisabeth Suite (予約は Imperial Junior Suite で、ホテル側が upgrade してくれていた) Booking com から予約 http://www.booking.com/hotel/at/hotelimperialwien.ja.html 

Kärntner Ring 環状道路のリンク沿いにあるネオ・ルネッサンス様式の建物。
ホテル向かい側から翌日撮影。 道の真ん中が自転車専用道(レーン) (Ratweg ラート・ヴェーク) になっていますbicycle
20_20130810_to_14_wien_062

元々は、ヴュルテンベルク王子 (Prinzen Philip von Württemberg フィリップ・フォン・ヴュルテンベルク) のウィーンのプライベートな宮殿として、1863年から1865年にかけて建設。 1873年、万国博覧会の観光客のため、ホテルとして使われるようになりました http://www.imperialvienna.com/ http://www.imperialvienna.com/en/tour_hotel#lobby
.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

19:10 ウィーンの空港到着。ホテルまでは、ホテルの transfer service (55 euro) を利用car

成田空港出発 10:35 から、アムステルダムでの約2時間のトランジットを含む、15時間35分。
今回はコンフォート・エコノミー席で前後の余裕はあったものの、シート自体は狭いままcoldsweats02 シートにしっかり体を預けられずで、ほとんど寝られず。 疲労もピーク wobbly

運転手さんが、堪能な英語でよどみなく、ウィーン観光の説明をしつつ運転。 かなり集中していないと聞き流しちゃいそうsweat01 夫は「妻がいろいろ計画を立てて、、」と言った後は、ほぼだんまりでgawk 時々夫に助け船を求めつつ、なんとか乗り切ったという感じ。

親切で優秀な運転手さんだったので、ちょこっと質問しただけで、私の意図を汲み取ってくれ、いろいろ教えてくれたのが有り難かったgood

初めて見るウィーンの風景に興奮しつつも、英語のやりとりもあり、頭の中はフル回転 ! 高級ベンツ、ミネラルウォーター&雑誌サービス付きでも読む余裕なし(笑)の後部座席でした。

夫はウィーン2回目とはいえ、重いスーツケースを持って、公共交通機関を使って、ホテルに行き着くのは容易ではないと思われ。transfer service を事前に予約しておいて良かったです◎

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

ホテルの中は、超ゴージャスで非日常すぎ・・・shine
ホテルの部屋へ。フレンドリーな若いスタッフの男性があれこれ部屋の説明をしてくれたので、緊張がほぐれて助かりましたwink
疲れて先に寝てしまった夫。 あまりのゴージャスさに興奮しすぎて、写真を撮りまくる私coldsweats01
06_20130810_to_14_wien_049

リビングと寝室の2部屋。 今まで泊まった中では最高の天井の高さ。胡蝶蘭とシャンデリアの美しさにも感動でしたshine この迎賓館のようなホテルに泊まることができ、夫に大感謝heart04

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

エレベーターで部屋まで案内してもらいましたが、内部の装飾が素晴らしすぎるので、階段で上がってみました。
以下のホテル内部の写真は、翌日の夜、他に人がいないときに撮影camera

THE ROYAL STAIRCASE. わくわくしながら、階段を上がります。
15_20130810_to_14_wien_505

階段吹き抜けにある、大きく美しいシャンデリア
16_20130810_to_14_wien_508

1857年、当時のオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ一世が取り壊しを決定するまで、ウィーンの街を防御していた市壁 (Die Wiener Stadtmauer) 。そして、深い壕があったウィーンの古地図。 ヨーロッパ中世の歴史に興味のある私、市壁には目がないんですlovely
17_20130810_to_14_wien_510
Die Wiener Stadtbefestigungen (ウィーンの防御施設)
Die Wiener Stadtmauer (ウィーンの市壁)

美しい皇妃エリーザベトの絵は、フランツヨーゼフ一世の絵と対の形で飾られていた。 ホテルの部屋へと続く廊下。
18_20130810_to_14_wien_505

部屋の中があまりに素敵すぎだったので、次の別記事で。

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

ウィーン州政府公式サイト http://www.wien.gv.at/
ウィーンの観光 http://www.wien.gv.at/tourismus/index.html
ウィーンの地図 http://www.wien.gv.at/stadtplan/
ウィーン市観光局 http://www.wien.info/ja(日本語)
オーストリア政府観光局 - ウィーン(日本語)

つづきます。「「ホテル・インペリアル・ウィーン」に滞在 02 部屋

|

« 「オランダ国立美術館」@アムステルダム・スキポール空港 The Rijksmuseum Amsterdam Schiphol | トップページ | 「ホテル・インペリアル・ウィーン」 に滞在 02 部屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「オランダ国立美術館」@アムステルダム・スキポール空港 The Rijksmuseum Amsterdam Schiphol | トップページ | 「ホテル・インペリアル・ウィーン」 に滞在 02 部屋 »