« ウィーン 「シュテファン大聖堂 (Stephansdom)」ライトアップ | トップページ | ウィーン 「シェーンブルン宮殿」を見学する - シェーンブルン宮殿の歴史 Schloss Schönbrunn »

ウィーン、夜のケルントナー通りを散策 聖ヨハネ騎士団(マルタ騎士団)教会

ウィーン 「シュテファン大聖堂 (Stephansdom)」ライトアップ」のつづき。

歩行者専用で車両乗り入れ禁止になっている 「ケルントナー通り (Kärntnerstraße)」 を散策。
さまざまなブランド店や飲食店が建ち並んでいて、夜10時近くになっても、この人通り。
04_20130810_to_14_wien_489

「音楽の都ウィーン」らしく、クラシックのストリート・ミュージシャンのグループがいたり、スワロフスキー店の美しいウィンドーディスプレーあり。目と耳を楽しませてくれました。
スワロフスキーには、もっと円高になってからsweat01 去年に比べてしまうと、あまりに円高が進みすぎ・・・。
05_20130810_to_14_wien_490

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

さて、コカ・コーラ・ライトを買っておこうと、偶然見かけた、ケルントナー通り沿いの土産物店へ。 そこで、ばったり偶然、アムステルダムの空港で出会った親子さんに遭遇。 いやはや、びっくりしましたよhappy01

そして、驚愕したのが、このお値段。 コーラ2本、税込みで 5 euro とは、、
01_131017_001_2

このときのクレジットカードの円換算レートは 1 euro = 132 yen だったので、 、、

なんと、コーラ1本当たり、330円 bearing  うぎゃ~っ、ありえない annoy

それに、飲み物代には、付加価値税20%とは。。

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

ふぅ~っ、気をとりなおしてと、

ウィーン、ケルントナー通りの「洗礼者ヨハネ教会 (マルタ教会)」、「聖ヨハネ騎士団」(マルタ騎士団)の教会です。
Die Kirche des Hl. Johannes des Täufers (Malteserkirche) in der Kärntnerstraße in Wien http://www.malteser.or.at/ueber-uns/kirchen/wien.html
06_20130810_to_14_wien_492

「聖ヨハネ騎士団」は、「マルタ騎士団」とも呼ばれ、「テンプル騎士団」、「ドイツ騎士団」とともに、中世カトリックの三大騎士修道会の一つ。 なかでも最古の歴史あり。

その歴史は1048年頃、現在のイタリア、アマルフィの商人マウロが、聖地エルサレムに巡礼に来る巡礼者のために、エルサレムに聖ヨハネ騎士修道会を創立し、教会、修道院、巡礼者のための宿泊所と医療保護を与えたのがその始まり。

その後、エルサレムがイスラム教徒に奪回されて、1309年 ロードス島 (Rhodes) へ。 1522年、オスマン帝国 (オスマン・トルコ) のスルタン、スレイマン1世の軍隊との攻防戦に破れて、シチリア島の南に位置する 「マルタ島」 (Malta) へ。そのため、マルタ騎士団と呼ばれるようになる。

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

マルタ島は、1530年にヨハネ騎士修道会 (マルタ騎士修道会)の封土となるも、1798年、ナポレオン一世により修道会はマルタを追われ、1814年、正式にはイギリス領に。
1834年からは本部をローマにおいて、以後人道的な活動を行う。
http://www.malteserorden.at/smom/kirchen/malteserkirche.html http://www.malteser.or.at/ ブリタニカ国際大百科事典、塩野七生「海の都の物語〈3〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫)」参照)

教会の歴史をたどると、とても興味をひかれることばかり。塩野七生 「ロードス島攻防記 (新潮文庫)」も読んでみなくては!

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

ところで、マルタ島には、この聖ヨハネ騎士団が建設した 「サン・ジョヴァンニ大聖堂」 があり、祭壇画、カラヴァッジョ 「洗礼者聖ヨハネの斬首」(1608) があることで有名です。
"The beheading of St. John the Baptist", by Caravaggio (1571–1610)
http://www.stjohnscocathedral.com/
01_caravaggio

この絵は、殺人を犯しローマから逃亡したカラヴァッジョが、逃亡先のマルタ島、マルタ騎士団の本拠地ヴァレッタ滞在中、そのたった5ヶ月の間に描いたもの。

完成以来、爆発的な人気となって、後々北方ヨーロッパの画家たちが、これを見にやってきたとか(ジム・ランベール「カラヴァッジオ CARAVAGGIO」 TASCHEN社、参照)。

ところで、聖ヨハネ騎士団の総団長は、カラヴァッジョに自分の肖像画を依頼し、「アロフ・ド・ヴィニャクールの肖像」"Portrait of Alof de Wignacourt" が完成するも、傍らの美少年の小姓の方が話題になって、フランスのルイ15世がお買い上げ。 で、現在 パリ・ルーブル美術館 (Musée du Louvre, Paris) 所蔵。

さんざん脱線しましたが、聖ヨハネ騎士修道会つながりということで、お許しを。

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

「ウィーン国立オペラ座 (Wiener Staatsoper)」のライトアップ http://www.wiener-staatsoper.at/
07_20130810_to_14_wien_498

※Windows Live フォトギャラリー 作成 > パノラマ写真 で合成。

夜10時過ぎにホテルの部屋に帰り、ウィーン2日目が終了。
その前日、ウィーンに到着。 ホテルの部屋に落ち着いたのが、夜8時過ぎでしたので、長~いウィーン実質第1日目でした。

ウィーン個人旅行・記事インデックスはこちらをどうぞ。 一日にして、記事20タイトルになってしまいました・・・sweat01

つづきます。「ウィーン 「シェーンブルン宮殿」を見学する - シェーンブルン宮殿の歴史 Schloss Schönbrunn

|

« ウィーン 「シュテファン大聖堂 (Stephansdom)」ライトアップ | トップページ | ウィーン 「シェーンブルン宮殿」を見学する - シェーンブルン宮殿の歴史 Schloss Schönbrunn »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウィーン 「シュテファン大聖堂 (Stephansdom)」ライトアップ | トップページ | ウィーン 「シェーンブルン宮殿」を見学する - シェーンブルン宮殿の歴史 Schloss Schönbrunn »