« ウィーン美術史美術館 クンストカンマー Kunstkammer Wien (Vienna) 動画あり | トップページ | ウィーン 「マリア・テレジア像」、「ブルク門」 Maria-Theresien-Denkmal, Äußeres Burgtor (Wien) »

ウィーン美術史美術館 古代ギリシャ・ローマ・古代エジプト・コレクション

ウィーン美術史美術館 クンストカンマー Kunstkammer Wien (Vienna) 動画あり」のつづき。
クンストカンマーの反対側には、古代エジプト、古代ギリシャ・ローマのコレクション。建物の入口入って右側より、年代順に部屋が並んでいます。
私たちは、クンストカンマーのつづきで、そのままぐるっと見学したので、まずは古代ギリシャ・ローマのコレクションから。

「アウグストゥスのカメオ」(古代ローマ時代)。ローマ帝国初代皇帝アウグストゥスの至宝。サードニックス(紅縞瑪瑙)に、二段にわたる細緻にして優美な彫刻が施された名品。
"Gemma Augustea" (9AD-12AD), by Dioskurides
07_20130810_to_14_wien_383

http://www.khm.at/ Entdecken (Explore) > Google Art Project で、きれいな画像が見られます。

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

館内の天井に近い壁にも、展示テーマに即した絵が描かれているのが素晴らしいcute
「テセウスとアリアドネ、迷宮とミノタウロス退治のモザイク」
"Theseus Mosaic" (300AD-400AD)
09_20130810_to_14_wien_385

「アマゾネスの石棺」(ギリシャ、ヘレニズム時代) 紀元前にして、この彫刻の精巧さ!!
"Sarcophagus with Fighting Amazons"(330BC-310BC)
08_20130810_to_14_wien_388

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

古代エジプト・コレクションでも、さまざまな収集品がありましたが、中でも注目したのが象形文字が刻まれた石。
09_20130810_to_14_wien_390

このあと、ウィーン・プラハの旅行中、ウィーン王宮にある 「オーストリア国立図書館プルンクザール (Der Prunksaal der Österreichischen Nationalbibliothek)」 の中を見学、そして、チェコのプラハにある「ストラホフ修道院 (Strahovský klášter)」 の中にある、豪華な「ストラホフ図書館 (Strahovská knihovna)」の「神学の間 (Teologický sál, The Theological Hall)」「哲学の間 (Teologický sál, Philosophical Hall)」を見学しましたが、文字の起源となる象形文字なくしては、これらもありえなかったのだなと思うと、非常に興味深かったです。

以上、長くなりましたが、これでウィーン美術史美術館の見学終了。
展示品は充実していて見応えがあり、豪華なカフェ・レストランもあり、ショップも3箇所。夕方5時頃まで、ほぼ一日中いましたが、あっという間という感じでした。

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

この後、再びレンタル自転車(Citybike Wien)に乗って ウィーン・リンク通りを観光。 そして、この日予約していた「ズィーベンシュテルン・ブロイ (Siebenstern-Bräu)」 http://www.7stern.at/ 自家醸造ビールとスペアリブがとても美味しかった店の界隈まで。

つづきます。「ウィーン 「マリア・テレジア像」、「ブルク門」 Maria-Theresien-Denkmal, Äußeres Burgtor (Wien)

|

« ウィーン美術史美術館 クンストカンマー Kunstkammer Wien (Vienna) 動画あり | トップページ | ウィーン 「マリア・テレジア像」、「ブルク門」 Maria-Theresien-Denkmal, Äußeres Burgtor (Wien) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウィーン美術史美術館 クンストカンマー Kunstkammer Wien (Vienna) 動画あり | トップページ | ウィーン 「マリア・テレジア像」、「ブルク門」 Maria-Theresien-Denkmal, Äußeres Burgtor (Wien) »