« プラハ建築散歩 散策マップ#3 ヴォディチコヴァ通り (Vodičkova) 「ノヴァック館」、「ミシャーク館」など、カフカの転職 | トップページ | マルタ・クビショバ 「ヘイ・ジュード」、プラハ ヴァーツラフ広場 ★動画あり »

プラハ建築散歩 ヴァーツラフ広場  「ホテル・エヴロパ」、「ヴィール館」など

プラハ建築散歩 散策マップ#3 ヴォディチコヴァ通り 「ノヴァック館」、「ミシャーク館」など、カフカの転職」のつづき。★プラハ個人旅行 まとめ記事 ★「プラハ旧市街 散策マップ 01」、★「プラハ旧市街散策マップ 02」。

地図は、「プラハ建築散歩 散策マップ 03」をどうぞ。

「ヴァーツラフ広場」 (Václavské náměstí, Wenceslas Square) 国立博物館側の中央にある美しい花壇cute
01_20130814_to_17_prague_081

ヴァーツラフ広場は、長さ750m、幅63mと48mの二つの部分から成る、大きな広場。

かつては、1348年、中世チェコの最盛期を築いた神聖ローマ皇帝カレル4世(Karel IV.)による、「新市街」 (Novém Městě) の建設に伴って作られた「馬広場」でした。

そして、新市外にも旧市街と同様、ぐるっとまわりを取り囲む市壁が作られましたが、その防御壁の一部となった4つの門の一つ、「馬の門」(聖プロコプの門)(brána sv. Prokopa) が、現在の国立博物館のあたりに作られ、1875年に取り壊されました。

なお、国立博物館(Národního muzea)の建物は、1890年に完成。 その前にある聖ヴァーツラフの騎馬像は、1912年から1913年にかけて、彫刻家 Josef Václav Myslbek によって作られました。

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

ヴァーツラフ広場は、アール・ヌーヴォー様式(Art Nouveau)、ネオ・バロック様式(Neo-Baroque)、ネオ・ルネサンス様式(Neo-Renaissance)の建物が建ち並ぶ繁華街。

アールヌーボー様式の建物、「ホテル・エヴロパ」(Hotel Evropa)とその右隣の「ホテル・メラン」(Hotel Meran
02_20130814_to_17_prague_075

ホテルの前に見える路面電車は、古い路面電車を利用したカフェcafe

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

「ホテル・エヴロパ」(Hotel Evropa)。
03_20130814_to_17_prague_079

1872年、ネオ・ルネッサンス様式に建てられた後、1889年、アール・ヌーヴォー様式で改築shine
第二次大戦後、Grand Hotel Evropa と改名。 近年破産・・・moneybagsweat02

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

「ヴァーツラフ広場」 (Václavské náměstí, Wenceslas Square) 国立博物館の反対側。
04_20130814_to_17_prague_082

上の写真の左端に見えるのが、「ヴィール館」(Wiehlův Dům, Wiehl's House)。 その右側が旧チェコ銀行(Palác bývalé České banky, palác Ligna)。 この間のヴォディチコヴァ通り (Vodičkova) を通って、ヴァーツラフ広場に出てきたのでした。

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

「ヴィール館」(Wiehlův Dům, Wiehl's House)
05_20130814_to_17_prague_086

「ヴィール館」は、建築家アントニン・ヴィール (Antonin Wiehl) が元の家を買い取り、1895年から1896年にかけて、ネオ・ルネサンス様式で再築。
チェコ・ネオ・ルネッサンス建築の中でも、最も美しい建物の一つですshine

ファサードの絵は、旧市街広場の聖ヴァーツラフの壁画の 「シュトルフ館」と同じく、チェコの画家、ミコラーシュ・アレス (Mikoláš Aleš, 1852-1913 wiki) の絵に基づくもの。
ルドルフ2世の時代の頃からの、裕福な商人の人生についての、6つの絵のシリーズが描かれていますart

現在、アカデミア書店 (Knihkupectví Academia, Academic Bookshop カフェもありcafe) が入っています。
チェコの可愛い絵本もお土産に買って帰りたかったなぁ~bookheart04

http://www.praguewelcome.cz/srv/www/en/objects/detail.x;jsessionid=392729273278DC4D2F18511729AAF9F6?id=63506チェコ語)参照

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

ヴァーツラフ広場の端まで行くと、お土産さんの屋台がいくつも出ていました。
06_20130814_to_17_prague_090

「コルナ宮殿」(Palác Koruna, Koruna Palace)の屋上。
08_20130814_to_17_prague_091

ナ・プシコピェ通りとの角にある「コルナ宮殿」は、1912年に建てられました。アール・ヌーヴォー様式の装飾が美しいshine

http://www.praguewelcome.cz/srv/www/en/objects/detail.x;jsessionid=D0A545DD454562197A7FE4E9B639E3E4?id=55119チェコ語)参照

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

ヴァーツラフ広場の端から右側は、「ナ・プシコピェ通り」(Na příkopě)。ナ・プシコピェ=溝の意味。
ここにはプラハ旧市街を取り囲んでいた市壁の外側の堀がありました。
06_20130814_to_17_prague_090_2

そして、ヴァーツラフ広場の端から左側は、「10月28日通り」(28. října)という名前。10月28日は、1918年、チェコスロヴァキアが独立した、「チェコスロヴァキア独立記念日」。チェコで最も重要な祝日となっています。

★ヴァーツラフ広場と建築物については、http://www.praguewelcome.cz/srv/www/en/objects/detail.x?id=45151チェコ語)参照。
★プラハのアール・ヌーヴォー http://www.praguewelcome.cz/cs/secese/

プラハには、ほかにも魅力的な建物がたくさんあり、今回は時間がなくて行かれなっかった建物内のアーケード(パッサージュ, Pasáž)もあり、いろいろ興味が尽きません。

つづきます。「マルタ・クビショバ 「ヘイ・ジュード」、プラハ ヴァーツラフ広場 ★動画あり

|

« プラハ建築散歩 散策マップ#3 ヴォディチコヴァ通り (Vodičkova) 「ノヴァック館」、「ミシャーク館」など、カフカの転職 | トップページ | マルタ・クビショバ 「ヘイ・ジュード」、プラハ ヴァーツラフ広場 ★動画あり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プラハ建築散歩 散策マップ#3 ヴォディチコヴァ通り (Vodičkova) 「ノヴァック館」、「ミシャーク館」など、カフカの転職 | トップページ | マルタ・クビショバ 「ヘイ・ジュード」、プラハ ヴァーツラフ広場 ★動画あり »