« プラハ城 聖ヴィート大聖堂 聖ヴァーツラフ礼拝堂 | トップページ | プラハ城 旧王宮 ヴラジスラフ・ホール »

プラハ城 聖ヴィート大聖堂 黄金の門、南庭園への雄牛の階段

「プラハ城 聖ヴィート大聖堂 聖ヴァーツラフ礼拝堂」のつづき。 ★プラハ個人旅行 まとめ記事

「聖ヴィート大聖堂」 St. Vitus Cathedral
01_20130814_to_17_prague_624

時計のある南塔は、99.3m 。見学の最後に、287段sign01 の階段を上まで登りましたsweat01。 記事は後ほど。

南塔は、カレル4世(Karel IV. ドイツ名:カール4世 Karl IV、神聖ローマ皇帝在位:1355 - 1378年、カレル1世としてボヘミア国王在位:1346 - 1378年)の命を受けた、ペトル・パルレーシュ(Petr Parléř, 英語名、ピーター・パーラー, Peter Parler, 1330または1333年から1399年)によって建設が開始され、16世紀と18世紀に再建されました。

http://www.hrad.cz/en/prague-castle/guidepost-for-visitors/index.shtmlのSOUTH TOWER OF ST. VITUS CATHEDRALの解説参照

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

「黄金の門」 (Golden Gate, Zlatá brána) の上にある 「最後の審判」のモザイク画は、1370年から 1371年にかけて作られたもの。
01_20130814_to_17_prague_640

http://www.praguewelcome.cz/srv/www/en/objects/detail.x?id=45093
https://www.hrad.cz/en/prague-castle/guidepost-for-visitors/st-vitus-cathedral.shtml
http://www.katedralasvatehovita.cz/cs/historie-a-dedictvi/informace-o-kaplich-a-svatych/zlata-brana

この門の近くにあった、聖ヴィート大聖堂の格子飾り。 中世の生活を垣間見ることができる飾りが印象的でした。
01_20130814_to_17_prague_848

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

ところで、聖ヴィート大聖堂の黄金の門のある南側の写真は、反対側にある、「首相官邸」から撮影しました。
01_20130814_to_17_prague_632

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

聖ヴィート大聖堂から見た、第三の中庭。

聖イジーの騎馬像の隣にある、「石柱」 (The monolith)は、第一次世界大戦の犠牲者の記念碑。 1928年、有名なスロベニアの建築家、ヨジェ・プレチニック Jože Plečnik (Josip Plečnik, 1872-1957) によるデザイン。
01_20130814_to_17_prague_921

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

そして、聖ヴィート大聖堂の向かい側、旧王宮への入口のすぐ近くには、南庭園、見晴らしの良いテラスへの入口。

この入口、なぜガイドブックに書いてないのか不思議すぎ。。

写真右側、旧王宮への入口の右が南庭園への入口。この入口には、先ほどの石柱をデザインした、ヨジェ・プレチニック Jože Plečnik が設計した 「プレチニックの階段」(Plečnik’s Staircase)、別名、「雄牛の階段」 (Bulls’ Staircase, Býčí schodiště) があります。

01_20130814_to_17_prague_623

★プラハ城、公式サイトのバーチャルツアー http://www.hrad.cz/en/prague-castle/virtual-tour/index.shtml の映像+説明を加えました。
001_20130814_to_17_prague

この、「プレチニックの階段」(Plečnik’s Staircase)、別名、「雄牛の階段」 (Bulls’ Staircase, Býčí schodiště)、EAMONN CANNIFFE さんのブログ http://guttae.blogspot.jp/ で紹介されていたページ、 http://guttae.blogspot.jp/2014/05/joze-plecnik-1872-1957-bull-staircase.html を見たら、見逃しちゃったのを激しく後悔sad  次回は是非!!

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

そして、「プラハ城の物語」"The Story of the Prague Castle" の展示も、入口を見逃し、入り損ねてしまっていたので、残念でたまりませんでしたbearing

http://www.hrad.cz/en/prague-castle/the-story-of-the-prague-castle.shtml

入口は、この第三の中庭と、聖イジー広場(St. George's Square)にあるらしく、検索したら、http://www.heritage-route.eu/ のサイトの、この写真がヒットしました。

もっとも、プラハ城をじっくり見学しようと思ったら、少なくとも、丸一日はかかりそうsweat01

次に、ヴラジスラフ・ホールのある、旧王宮へ。

つづきます。「プラハ城 旧王宮 ヴラジスラフ・ホール


|

« プラハ城 聖ヴィート大聖堂 聖ヴァーツラフ礼拝堂 | トップページ | プラハ城 旧王宮 ヴラジスラフ・ホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プラハ城 聖ヴィート大聖堂 聖ヴァーツラフ礼拝堂 | トップページ | プラハ城 旧王宮 ヴラジスラフ・ホール »