« マラー・ストラナ広場の夜景 | トップページ | プラハ 夜の散歩 ウンゲルト グラノフスキー宮殿 »

プラハ 夜の散歩 旧市街の路地、旧市街広場

マラー・ストラナ広場の夜景」のつづき。★プラハ個人旅行 まとめ記事

★プラハ旧市街 散策マップ04 抜け道編
01_map_of_prague_night
★「散策マップ01」 ★「散策マップ02」 ★「プラハ建築散歩 散策マップ 03
★以前書いたエントリー記事:「プラハの抜け道 パッサージュを散歩する

クレメンティヌム (Klementinum, Clementinum) を左に見ながら、セミナールスカー (Seminářská) の雰囲気ある路地を歩く。
02_20130814_to_17_prague_392

上の写真右上は、マリアーンスケー広場 (Mariánské náměstí) の、「プラハ新市庁舎」 (Nová radnice na Mariánském náměstí, Praha, Prague City Hall)
ノヴァック館と同様、プラハ市民会館の共同設計者の一人としても有名な、オスヴァルド・ポリーフカ (Osvald Polívka, 1859–1931)の設計に基づき、1909年から1911年にかけて建てられました。
http://www.praguewelcome.cz/srv/www/en/objects/detail.x;jsessionid=3B18D747C1926228CDFB540EDAA64556?id=44801
http://www.praha.eu/jnp/en/index.html
★以前書いたエントリー記事:「プラハ建築散歩 散策マップ#3 ヴォディチコヴァ通り (Vodičkova) 「ノヴァック館」、「ミシャーク館」など、カフカの転職

上の写真右下は、クレメンティヌムの建物。

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

市庁舎脇のリンハルツカー通りから、市庁舎裏へ。 ノスタルジックな雰囲気が漂うアーケード。 人通りが少なく、ちょっとドキドキ。足早に通り過ぎる(写真左上)。
03_20130814_to_17_prague_397

上の写真、下の二枚は、アーケードを通り過ぎた先にある、フランツ・カフカ広場(náměstí Franze Kafky)の、「カフカの生家」と「聖ミクラーシュ教会」。

右上は、「旧市街広場」 (Staroměstské náměstí) の旧市庁舎の塔。

暖かみのある色合いの照明。 ライトアップのトーンが統一されているところが素敵ですcute

「旧市街広場」、「ティーン教会」(Kostel Matky Boží před Týnem, Church of Our Lady before Týn (Church of the Virgin Mary before Týn)) 側。 美しいライトアップshine ※画像クリック。拡大してご覧下さい
04_20130814_to_17_prague_405

★昼間のティーン教会については、「プラハ 旧市街広場 06 「ティーン教会」

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

ティーン教会の裏をまわって、「ウンゲルト」(Ungelt) へ
05_20130814_to_17_prague_422

つづきます。「プラハ 夜の散歩 ウンゲルト グラノフスキー宮殿

|

« マラー・ストラナ広場の夜景 | トップページ | プラハ 夜の散歩 ウンゲルト グラノフスキー宮殿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マラー・ストラナ広場の夜景 | トップページ | プラハ 夜の散歩 ウンゲルト グラノフスキー宮殿 »