« プラハ城下町散策 ロレタンスカーからストラホフ修道院へ | トップページ | ストラホフ修道院ビアホール »

ストラホフ修道院 図書館

プラハ城下町散策 ロレタンスカーからストラホフ修道院へ」のつづき。★プラハ個人旅行 まとめ記事

プラハ城を見学し、旧フラッチャニ市庁舎の前にあるテラスで休憩したあと、15分ほど歩いて、ストラホフ修道院に到着しました。

ストラホフ修道院の門 Strahov Monastery
01_20130814_to_17_prague_973

ストラホフ修道院 (The Royal Canonry of Premonstratensians at Strahov) は、1143年、オロモウツ (Olomouc) の司教 Jindoich Zdík が、ボヘミア公ヴラジスラフ (Vladislav, のちのボヘミア王 Vladislav II. ) らの支援を受けて創設。 プレモントレ会における最も古い修道院の一つです。

1950年には、チェコスロバキア共産主義国家に没収され、国立文学博物館 (Museum of National Literature) の一つとされましたが、1989年、共産主義国家の崩壊後にプレモントレ会に返還されました。 近年、修復。

門を入って左側にある、「ストラホフ教会 (聖母被昇天教会)」(Strahov church, The Basilica of Assumption of Our Lady)
01_20130814_to_17_prague_976

このストラホフ教会のすぐ右側にあるストラホフ修道院図書館の入口
01_20130814_to_17_prague_979

ストラホフ修道院では、絵画ギャラリーや歴史的な部屋の展示が行われていますが、最も有名なのは20万冊もの蔵書がある美しい図書館shine  その神学の間と哲学の間は必見ですcute

ただし、扉の外から中を見ることができるだけで、中には入れないのが、なんとも残念!ウィーンのオーストリア国立図書館の中を見学して、あのゴージャスな内装を見てきただけに、なおさら強く感じずにはいられませんでした。。


神学の間 Theological Hall
01_20130814_to_17_prague_982

このバロック様式、天井のフレスコ画の美しさが印象的な神学の間は、1671年から1679年にかけて、イタリア人建築家で、のちにプラハ市民となった Giovanni Domennico Orsi によって建てられました。

17、18世紀の地球儀が並んでいます。
01_20130814_to_17_prague_984

後期ゴシックの 福音記者ヨハネ St John the Evangelist の木像
01_20130814_to_17_prague_985

神学の間は、1994年から1995年にかけて修復されました。


.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

哲学の間 Philosophical Hall
01_20130814_to_17_prague_996

ファサードは1783年に。 内装は、1794年から1797年にかけて、Jan Lahofer により、初期新古典主義 (early classicist form) の様式で作られました。

天井のフレスコ画は、ウィーンの画家 Anton Maulbertsch による作品。 できれば、もっと近寄って見たかったsweat01
01_20130814_to_17_prague_994

哲学の間は、2009年から2010年にかけて修復(Reconstruction)されました。

★追記:2016/06, ストラホフ修道院の図書館は、海外ドラマ 「アウトランダー Outlander」 http://bd-dvd.sonypictures.jp/outlander/ season 2 #3 に出てくるヴェルサイユ宮殿のロケでも使われていることを発見しましたnote
http://outlander-tv.jp/article/detail.php?cat=Epsode&cd=156
http://www.tvinsider.com/article/82522/outlander-season-2-paris/

この図書館は、18世紀末から19世紀初頭にかけて、ヨーロッパの文化的サークルにおいて有名な場所となり、数々のVIPがこちらを訪問。
修道院という世俗から隔離された場所柄、女性の訪問は限られていましたが、オーストリア女王、ナポレオンの妻となったマリー・ルイーズらもここを訪問したことが記録に残されています。

図書館の開館は毎日 (except 25 December and Easter Sunday, April 20) 、9.00 a.m. - 5.00 p.m., ランチタイムの休憩 12.00 p.m. - 1.00 p.m.、見学料金は: CZK 100 (2015年3月現在)。

私が訪問した2013年8月は、撮影したい場合には、別途 CZK 50 の支払が必要で、許可証として、服の上からシールか何かを着けた記憶があり、職員の方がチェックしていました。

公式サイトによれば、日本語のガイドテキストの貸し出しもあり。

★詳しくは、http://www.strahovskyklaster.cz/library

★ストラホフ修道院の歴史は、http://www.strahovskyklaster.cz/library/concise-history-of-the-monastic-library と、
http://www.kralovskacesta.cz/en/tour/objects/strahov-monastery.html 参照。

★360度見渡せる、美しいバーチャル映像は、こちら パソコン推奨です。
http://www.360cities.net/image/strahov-theological-library-prague
http://www.360cities.net/gigapixel/strahov-library.html 左下の Start / Stop Tour をクリックのこと。

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

神学の間と哲学の間へとつながる廊下には、海洋生物、貝類、蝶類等々、さまざまな展示物が収められたキャビネット (Cabinets of curiosities (Wunderkammer)) が並んでいました。
01_20130814_to_17_prague_980

ドードー(Dodo)=マダガスカル沖のモーリシャス島に生息していた絶滅鳥類の標本に驚嘆!!
01_20130814_to_17_prague_1007

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

外に出ると、図書館の入口から見て斜め左に、ストラホフ修道院醸造所のビアホールの建物があり、そこのテラス席で、待望のビール休憩beer
01_20130814_to_17_prague_978

★ストラホフ修道院醸造所 Klášterní pivovar Strahov, The Strahov Monastic Brewery  http://www.klasterni-pivovar.cz/

つづきます。「ストラホフ修道院ビアホール

|

« プラハ城下町散策 ロレタンスカーからストラホフ修道院へ | トップページ | ストラホフ修道院ビアホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プラハ城下町散策 ロレタンスカーからストラホフ修道院へ | トップページ | ストラホフ修道院ビアホール »