« ストラホフ修道院ビアホール | トップページ | プラハ ウンゲルトで晩ご飯 インディアン・ジュエル »

プラハ 聖ヤクプ教会 オルガン・コンサート

ストラホフ修道院ビアホール」のつづき。★プラハ個人旅行 まとめ記事

2015年5月の私の両親とのニューヨーク個人旅行(2014年は、ニューヨーク一人旅)をはさんで、約3ヶ月ぶりの更新となりました。

今から2年前の2013年8月15日(木)、夫とのウィーン・プラハ個人旅行の6日目の途中から書いていきます。

プラハ 「聖ヤクプ教会」 Kostel sv. Jakuba Většího, Church of St. James the Greater (Prague) へ。

教会の入り口の上には、豪華なバロックの装飾shine 巡礼杖を持った聖大ヤコブの像。
01_20130814_to_17_prague_1055

このバロックの漆喰装飾は、ザルツブルク、プラハで活躍したイタリア・パドヴァ出身の彫刻家、Ottavia Mosto (1659 - 1701)の作品cute
右から、アッシジの聖フランチェスコ(Sv. František z Assisi)、聖ヤコブ(Sv. Jakub Větší)、パドヴァの聖アントニオ(Sv. Antonín z Padovy)
01_20130814_to_17_prague_1583

聖ヤコプ教会(聖ヤコブ教会)、英語ではセント・ジェイムズ教会は、プラハ旧市街、ウンゲルトの東側。★プラハ旧市街 散策マップ#1

1232年に国王ヴァーツラフ1世によって設立されたフランシスコ修道会の教会です。

当初はゴシック様式でしたが、1689年の火災の後に再建。 その内装は、バロックの至宝ともいわれていますcute
01_20130814_to_17_prague_1050

公式サイト Bazilika sv. Jakuba によれば、この聖ヤクプ教会には、「世界一美しい図書館」 ともよばれる「オーストリア国立図書館プルンクザール」の設計でも有名な宮廷建築家、ヨハン·ベルンハルト·フィッシャー·フォン·エルラッハ (Johann Bernhard Fischer von Erlach) の設計により1714年から1716にかけて作られた、ボヘミア宰相となり外交官としても活躍した、ヨハン・ヴェンツェル・ヴラティスラフ・フォン・ミトロウィッツ Jana Václava Vratislava z Mitrovic (Johann Wenzel Wratislaw von Mitrowitz, 1656 – 1723) の美しいバロック様式の墓もあり。

その墓は、カレル橋の聖ヤン・ネポムツキー像の木製模型などを作った彫刻家 ブロコフ(Jan Brokoff)の息子、フェルディナンド・マクシミリアン・ブロコフ Ferdinand Maxmilián Brokoff (wiki)のバロック彫刻で装飾されているそうです。
★画像は、Wiki でどうぞ。https://cs.wikipedia.org/wiki/Jan_V%C3%A1clav_Vratislav_z_Mitrovic

・・・事前に予習して、コンサート前に見ておけばよかったなぁcoldsweats01

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

ところで、この教会のパイプオルガンの音色と音響が素晴らしいと、田中充子著 「プラハを歩く (岩波新書)」94頁で絶賛されていたので、オルガン・コンサートに行ってみました。

この日のコンサートは、第18回国際オルガン・フェスティバルの一環として、ドイツ音楽の名曲が演奏されていました。

期待が大きすぎたせいなのか?パイプオルガンの音色はかなり籠もった感じで、響きもいまいち・・・。

パイプオルガンの調子が、たまたま悪かったせいなのかもしれません。他の演奏者の演奏を聴いていないので、本当にこの教会の音響が良いかどうかは、評価を控えておきます。若手の演奏家さんだったので、今後の活躍に期待ですねnote

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

教会の入口から入って右側には、聖母マリアの高い祭壇から宝石を盗もうとした泥棒の手がぶらさがっています。
伝説では、聖母マリアが、その泥棒の手をつかんで離さなかったので、修道士によって切り取られたのでした・・・。 今に伝わる、「泥棒はダメよ」、という強烈な視覚的メッセージですね coldsweats02
01_20130814_to_17_prague_1053

以上、公式サイト http://praha.minorite.cz/ Historie kostela sv. Jakuba Většího 参照

ところで、聖ヤコブは、キリスト12使徒の一人。 ガラリアの漁師、ゼベダイの息子、福音記者ヨハネの兄で、アルファイの子ヤコブと区別して「大ヤコブ」 とも言われます。
その遺骸は、スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラに埋葬され、エルサレム、バチカンと並ぶ、キリスト教の三大巡礼地となっていることでも有名なのでした。

★聖ヤコプ教会(聖ヤコブ教会) Basilica of St. James (Bazilika sv. Jakuba)
http://praha.minorite.cz/
Koncerty/Sbor (コンサート/合唱団) 毎週木曜日 19:00からソロ・オルガン・リサイタル

その後、ウンゲルトにある、インド料理 「インディアン・ジュエル」 へ。

つづきます。「プラハ ウンゲルトで晩ご飯 インディアン・ジュエル

|

« ストラホフ修道院ビアホール | トップページ | プラハ ウンゲルトで晩ご飯 インディアン・ジュエル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ストラホフ修道院ビアホール | トップページ | プラハ ウンゲルトで晩ご飯 インディアン・ジュエル »