« プラハ ヴァルトシュテイン宮殿へ | トップページ | ヴァルトシュテイン通り プラハ城下庭園 メトロカフェ »

プラハ ヴァルトシュテイン宮殿と庭園

プラハ ヴァルトシュテイン宮殿へ」のつづき。★プラハ個人旅行 まとめ記事

ヴァルトシュテイン宮殿と庭園 Valdštejnský palác a zahrada (Wallenstein Palace and Garden)
001_20130814_to_17_prague_1250_2

現在は、プラハ共和国上院
★公式サイトでの説明(英語あり) 参照 
http://www.senat.cz/informace/pro_verejnost/valdstejnska_zahrada/
http://senat.cz/informace/z_historie/palace/valdstejn.php

★宮殿と庭の地図(英語あり)
http://www.senat.cz/informace/z_historie/palace/
PDF:
http://www.senat.cz/informace/z_historie/palace/mapa_sidla_senatu_velka_eng.pdf
★庭の公開は、4月~10月。 月曜から金曜日 7:30~18:00, 土日祝日 10:00 ~ 18:00, 6月~ 9月は 19.00 までオープン。
★宮殿の中のツアーは、公式サイト http://www.senat.cz/ (英語あり)の Tours of the Senate、Opening hours of the Senate for the public 参照のこと。

★地図と説明
https://mapy.cz/zakladni?x=14.4043853&y=50.0894430&z=18&source=base&id=1833588

サーラ・テレーナ Sala Terrena (イタリア語 Ground Floor hall) 天井は美しいフレスコ画shine
01_20130814_to_17_prague_1226

01_20130814_to_17_prague_1227

写真のサーラ・テレーナの左側の建物にトイレあり。

この庭園は、映画「アマデウス」(Amadeus)、映画「不滅の恋/ベートーヴェン」(Immortal Beloved)の撮影のロケーションとしても使われていた。衣装を着けた俳優さん、エキストラの人たちを見ると、想像がふくらんでとても楽しいnote

サーラ・テレーナから庭園を眺める。庭園は、後期ルネサンスのイタリア庭園をモデルとしている。
01_20130814_to_17_prague_1229

ヴァルトシュテイン宮殿を建てた、アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタイン(Albrecht z Valdštejna, Albrecht von Wallenstein 1583-1634)は、皇帝フェルディナント2世に仕え、三十年戦争で活躍したボヘミアの傭兵隊長。
しかし、皇帝から謀反の疑いをかけられ暗殺された、悲劇の人。

以前ブログ記事にも書いたけれど、天文学者ケプラー (Johannes Kepler) は、ヴァレンシュタンイン将軍お抱えの数学者となり、その求めに応じて、天文的知識と数学的知識を駆使して占星術を行い、彼の運勢を占った。

そのときのホロスコープが今に残され、本(※)で図版を見たけれど、暗殺は、占星術をもってしても、抗えない運命だったか・・・。

★以前書いた記事:「プラハ ケプラー博物館、ケプラーによる天文学の発展と、ルドルフ2世
 ※ジェームズ・R. ヴォールケル (著)、林 大 (翻訳) 「ヨハネス・ケプラー―天文学の新たなる地平へ (オックスフォード科学の肖像)」(大月書店, 2010)

ワシミミズクの鳥小屋 Výr velký (Eagle owl)  鍾乳石を模した装飾が面白い。
01_20130814_to_17_prague_1230

後ろ姿のミミズクさんたち
01_20130814_to_17_prague_1232

あっ、鍾乳石の間にミミズクさん発見!
01_20130814_to_17_prague_1235

うわーっ、飛んでる!!
01_20130814_to_17_prague_1236

鍾乳石壁 The Grotto (Dripstone Wall) こんなに広い壁面だと迫力ある。
01_20130814_to_17_prague_1237

自然の花々に心癒される。
01_20130814_to_17_prague_1239

お疲れさん。ベンチに座って、しばし休憩
01_20130814_to_17_prague_1240

ベンチから眺めた風景
01_20130814_to_17_prague_1242

噴水。ここで、外国からの観光客の女性から記念写真を頼まれて撮影。私たちも撮ってもらった。
01_20130814_to_17_prague_1244

左は撮ってもらった写真の一部。 右の写真にあるとおり、観光客が結構歩いていて、ツーショットだけで写してもらうのって難しいのだ。撮ってくれた女性は、ちょっとどいて、って頼んでくれたし、アングルも凝って何枚も写してくれたので、とても嬉しかった。
0001_20130814_to_17_prague_1245


庭園にある彫像は、ルドルフ2世お気に入りの彫刻家でもあった、アドリアン・デ・フリース(Adriaen de Vries)の作品。
もっとも、オリジナルの作品は、30年戦争(1618年から1648年)の最後の年、スウェーデン軍がプラハのマラーストラナを占領した際、スウェーデン軍に略奪されたため、ここにあるのは、そのレプリカ。

バッカス像 Bacchus 
01_20130814_to_17_prague_1249

ラオコーン Laocoon トロイの木馬を運び込もうとする民を諌めようとしたラオコーンさん。女神アテナの怒りを買って放たれたへびと格闘中。息子二人も、とばっちりで犠牲に。
01_20130814_to_17_prague_1251

庭園の入口と見学コース
01_20130814_to_17_prague_1219

入口付近にあった、心そそられる扉と天井のグロット装飾。 庭園の鍾乳石壁を見たら納得なんだけど、最初見たとき、この天井、なんでここで鍾乳石が溜まって落ちてきてるわけ!?って思ってしまった。
001_20130814_to_17_prague_1223

今回は宮殿見学ができる土日祝日ではなかったので、中の見学はせず。
001_20130814_to_17_prague_1220

現在プラハ共和国上院となっている建物
01_20130814_to_17_prague_1256

宮殿の設計者は、イタリアの建築家、アンドレア・スペッツァ (Andrea Spezza)。

宮殿の建設工事は1623年に始まり、アンドレア・スペッツァの他に、Nicolo Sebregondi、Giovanni Pieroni などイタリアの巨匠が参加。1630年、宮殿の装飾が完成。

この工事、30年戦争(1618年から1648年)のまっ最中だったし、皇帝軍に参加していたヴァルトシュテイン将軍、ここで過ごした時間は、さぞや貴重なものだったろうなぁ・・・。

つづきます。「ヴァルトシュテイン通り プラハ城下庭園 メトロカフェ

|

« プラハ ヴァルトシュテイン宮殿へ | トップページ | ヴァルトシュテイン通り プラハ城下庭園 メトロカフェ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プラハ ヴァルトシュテイン宮殿へ | トップページ | ヴァルトシュテイン通り プラハ城下庭園 メトロカフェ »